ぼくの戦争・兄の戦争 発刊のお知らせ
五月中旬以降の発刊が可能になりました。
ハンドメイドの自家製本版です。編集、印刷、製本まで
個人の力に頼らざるを得ず、コロナ騒動もあって予定が
大幅に遅れてしまいました。
すでにお申込みいただいた方には、
大変ご心配をかけました。
戦争を通して人間を考える書です。
本の世界であなたにお会いできますように。

2012年5月17日

戦争体験…古くて新しいのでは…。
アメリカと中国キナ臭い?
戦争は女・子どもも死ぬこと。破壊すること。
日本の史上、最悪の戦いが太平洋戦争。

十歳の少年が書いた戦争体験記は、きちんとした形の
ものとしては類書はほとんどありません。思うに十歳
はまだ判断判断能力に乏しくて、分析的に書けないか
らでは…。

ただし、私の場合は、兄の体験を含めて、そして、同
級生にくらべて、見聞が豊富だったために、記録書と
して書けたのだと思います。一読していただければ、
そこに人間たちの必死に生きた時代が見えてくるはず
です。ぜひご一読あらんことを!

 

寄る年波には勝てませんが、意気軒昂は意気健康に。
現役ぶっているところが、少し怖い。

 仏教に興味のある方。「仏教が今新しい」を完成させてい
ますが、出版まではまだ…。仏教があなたを、混迷する社
会を世界をも救うという大テ-マ(大デーマ?)書です。